Harrisの名前が変わった?

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

マスター系エンジニアの方はおそらくHarrisという名前を知っているはず。

ADCやD-Seriesといった放送オートメーションシステム製品を持つメーカーで、最近はルーターやマルチビューワーなども揃えててHarris製品だけでマスターシステムが作れそうな感じだったのですが、先日発表がありました。

On March 17, Harris Broadcast became Imagine Communications and GatesAir

もともとHarrisという会社は放送だけではなく多業種展開してる会社で、今回の発表は放送部門だけが分離され且つ2つの会社に分かれたようです。

日本でお目にかかれる製品群たちは Imagine Communications になりますね。

※冒頭でなぜか渋谷ハチ公前交差点の映像が使われてます。

今件、合併とかいう言葉は使ってないですし、名前が変わっただけということかもしれません。が、実際のところはよくわかりません。。

ちなみにImagine Comunicationsのサイトを見ると今まであった製品達がちゃんとありました。

 

2月にもBELDEN社がGrassvalleyを買収して、MirandaのサイトがGrassvalleyになってますし、

ちょっと前はVizrtがMosartというNRCS(News Room Computer System)を開発していた会社を買収しています。

激しいです。。

 

ちなみにNRCSという言葉知ってますか?いえ筆者もまったく詳しくないのですが、MOSという制御プロトコルを使ってスイッチャーやビデオサーバー、プロンプターなどを自動制御するもののようです。

NRCSとMOSはいつか調べ上げたいと思っています。

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...