放送用Skypeが近々でるようです – Skype TX

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

MicrosoftがSkypeを買収したのは2011年のこと。それからいろんな電話アプリが出て、Skypeサービスが特別扱いされることは少なくなりました。

そんな中、NAB2014でMicrosoftがSkype TXを発表しました。

SDI入出力もつハードウェア/ソフトウェア製品になるようです。

今までSkypeを放送に使用する場合、パソコン画面をスキャンコンバータして使うというイメージでした。

また映像音声を受信するだけならいいですが、掛け合いをやる場合の音声マイナスワンを考えると結果面倒だし、安定感がないので却下、みたいなことが多かったと思います。

そもそも画像が耐えられない、ということだとは思いますが、、

 

そういった点を克服しているものであれば、これはすごいシロモノです。

実はもう実際にテレビ番組で使用されている例がありました。

で、気になる点が一つあります。Skypeロゴの使用です。

Skypeにはそもそもブロードキャスト利用規約というものがあります。

以下利用規約抜粋 ※2014年5月現在

  • 番組中Skypeの利用時間が15分以下である場合は、 ガイドラインに従い、開始時と終了時にSkype使用の告知放送を行う。
  • 番組中Skypeの利用時間が15分を超える場合は、 ガイドラインに従い、開始時と終了時のほか、15分以下の間隔で、Skype使用の告知放送を行う。

※詳しくはSkypeサイトのブロードキャスト利用規約をお読みください。

現状でSkypeを放送利用する場合はロゴを出すことが必要です。

なので今回のSkype TX、利用規約をどうするかも気になるところです。

 

現在Skype TX紹介サイトでメール登録しての情報出しを行っていますが、一般的に販売するかは不明です。

放送局向けにひそやかに販売する方法もあるかもしれませんが、是非普通に購入できるものにして欲しいです。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...