リアルタイム投票システムサービス Microsoft “Bing Pulse”

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

選挙が近いです。(記事投稿時は2014年末)

選挙番組はグラフィックやバーチャルなどがここぞとばかり総動員されるので、筆者みたいなものにはたまりません。もちろん選挙自体も大事なのですが….

そんなタイミングで、Microsoftがリアルタイム投票サービスの”Bing Pulse 2.0ベータ” を一般公開すると発表しました。

Bing Pulse How It Works from Bing Pulse on Vimeo.

Bing Pulseは、PC、タブレット、スマホといったデバイスからクリック、タッチで複数の設問に回答できるWEBベースのアンケートサービス。

5秒間隔でリアルタイムに結果を表示することができます。

既にアメリカの大手テレビ局数社が採用していて、放送中にアンケート結果を画面中に送出しています。

Pulse-screen3

キャラジェネ込みでサービスしてるのか確かめたかったんですが、、Bing Pulseサイト内で情報を探すも見つけられず。。

ですが紹介動画中にもあるように、アンケート結果を解説用ウォールモニターに出したり、取り切っちゃったりすれば容易に使える気もします。

bingpulse

 

実際の放送の投稿動画がありましたので紹介します。

bing pulse from Ben Rosenthal on Vimeo.

 

Bing Pulseは同サイト上で登録して実施するWEBクラウドサービスで、3種類(Silver / Gold / Platinum)の料金形態がありますが、来年の1月31日まではすべて無料(※米英インドのユーザーのみ)で使えるようです。

最近のMicrosoftはSkypeTXにしてもそうですけど、テレビが好きですね。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...