新しいMacProをラックマウントして使う場合

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

今までMac Proを放送機器として使うこと、ありました。

PCI ExpressにSDIカード挿して、キャプチャ、ビデオサーバー、時にはキャラジェネなんかにもなりました。

今回の新しいMac Pro、巷では評価分かれていると思いますが、編集機として問題ないとしても放送機器として扱う場合に困ることがあります。

  • PCI Expressカードが挿せない
  • ラックマウントしづらい

これらを一挙に解決する製品が、Sonnet xMac Pro Server です。

せっかくのデザインですが、すっぽり覆いかぶさり4RUマウントになっています。Serverという名前が付いていますが、拡張機能付きラックマウントです。

Thunderbolt経由でのPCI Express拡張スロット付きなので、今まで使っていたカードを流用できます。

さらに別売のMobile Rack Kit を使用することで、5インチベイサイズのカードリーダーやストレージケースなども搭載できます。

 

新しいMac Pro、BlackmagicなどのThunderboltインターフェースでSDI入出力してもいいのですが、抜け止めがないので大事な場所で使うのならPCI Expressでカードを刺したくなります。

この製品もThunderboltケーブルでの拡張になりますが、ケース内配線なのでまず抜けないでしょう。

 

ラックマウントだけのものもあります。Sonnet RacMac Pro。なんとも語呂がいい感じです。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...