コンパクトなビデオスイッチャー Ross Video Carbonite Black Solo

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

NAB2016で発表されたRoss VideoCarbonite Black Solo ビデオスイッチャーです。

Ross Carbonite Black Solo

solo_top_down2

 

 

コンパネと本体が一緒のタイプと、

solo_angled_back2

carbonite_solo_brochure-1

 

 

ラックマウントタイプの2種類あります。

carbonite_solo_brochure-2

ラックマウントタイプにはソフトウェアコントロールパネルか、ハードウェアコントロールパネルが使えます。

 

 

概要ビデオはこちらです。

 

機能紹介ビデオです。

 

 

仕様です。

Solo Features:
• 1 x ME with 4 full function keyers plus transition keyer
• 2 x MiniME with 2 keys
• 1 x Ultrachrome Chroma Key
• 2 x 2D DVEs
• 4 x MediaStores
• 6 x 3G HD-SDI inputs
• 3 x HDMI Inputs
• 6 x Assignable Frame Syncs and Format Converters
• 5 x 3G HD-SDI assignable outputs
• 1 x HDMI output
• 1 x AES audio output
• 1 x Reference input
• Serial and Parallel Tally and GPI/O connections
• Supports SD, HD and 3G video standards
• Includes DashBoard control interface
• Supports ViewControl
• Includes Device control for Servers, XPression Graphics, Robotics and Audio Mixers, Trackless Virtual Set events and Cameras
• Supports redundant Power Supplies

製品チラシより抜粋

 

小型コンパクトスイッチャーとはいえ、入出力もそこそこあるので、利用シーンは幅広いと思います。

今どきのビデオスイッチャー、というよりもキッチリカッチリ作られている印象の放送機器です。

 

気になる値段は、、NAB2016での基調演説で語られていました。

ross

 

Ross Videoは日本の認知度はこれから、なメーカーで期待大です。NAB基調講演での自社製品紹介も興味惹かれます。

1時間以上あるので、ご興味の範囲で..。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...