1kgまで搭載可能なハンドヘルド3軸スタビライザー PILOTFLY H1

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

カメラ・レンズ込みの1kgまで搭載可能なハンドヘルド3軸スタビライザーです。

PILOTFLY H1 MicroDSLR 3asix Stabilizer

pilotfly-h1_2

Supports camera/lens combos up to 1000gram – Sony A7 series (400g lens limitations) , NEX series, Lumix Series , BMPCC

製品サイトより抜粋

 

スマートフォンも載せてます。

pilotfly-h1_4

Specifications:

  •   Dimension: 353 x 196 x 78mm
  •   Weight: 780g
  •   Motor Load: 1.2kg
  •   Built in Battery: 11.1V 1800mAh
  •   Battery Duration: 1~2.5 Hours depend with the camera load

Package Includes:

  •   1 x PILOTFLY H1 3axis Stabilizer with in Battery
  •   1 x Smartphone holder
  •   1 x Hex Wrench
  •   1 x Charger 100V~220V
  •   1 x External power line
  •   1 x Manual

製品サイトより抜粋

pilotfly-h1_5

スマートフォンフォルダが同梱されているのは何気に嬉しいです。

 

気になるテスト動画はこちらです。

地味な画ですが…、階段登り降りをそつなくこなしていることがわかります。

 

調整方法の紹介動画も用意されています。

調整、し易そうかどうかの判断はお任せします…。

 

性能的に見るとNebula 4000 liteの対抗馬と言えますが、気になる仕様が一つあります。

Bluetooth control and tuning via Android on both Mac and PC (Option)

製品サイトより抜粋

“チューニング”っていうのはわからなくもないですが、“コントロール”ってのが気になります。

同社製のGoPro用スタビライザー PILOTFLY FunnyGO+ BT の仕様で、Bluetooth fuction (Remote control by Android phone ) というのがあります。

もしこれと同様のことが PILOTFLY H1 でも出来たら…..いいですね。(未確認)

というか、、PILOTFLY FunnyGO、いいですね。今回初めて知りました。

FunnyGo+ BTの製品サイトで紹介しているユーザー動画ですが、ゲームコントローラーでジンバルコントロールしてます。

だいぶ改造されてのことですが…確かにジョイスティックで制御されています。

 

ハンドヘルドジンバルがリモコン雲台に様変わり……とってもアリだと思います。

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...