有機ELマスモニ – Flanders Scientific CM250

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

SonyとPanasonicが有機EL事業から撤退へ、、、と報道されています。

確かに一時期に比べたら話題に上がることが少なくなりましたが、マスモニと言ったら有機ELと今でもなります。

ただマスモニ(海外でいうリファレンスモニター)の価値観が昔に比べて変わっているのも現状です。

SDI入力できるモニター=マスモニ、という認識も巷ではあるようですし、、、まあその現場では基準モニターとなっているという意味では、そう呼ばれても間違いはないかもしれません。

そんな中ちょっと頑張れば手が出そうなマスターモニターを紹介します。

Flanders Scientific CM250

先に価格を、、、$6,485と、24.5inchと考えると大分頑張っている値段設定だと思います。

また16.5inchのCM-172もあるんですが、逆に高いです。

 

いいところは、薄いです。持ち運びには便利です。どうしても分厚いマスモニは置けない場合には検討できます。

マウントのし易さはポイント高いと思います。サブのモニターウォールは最近薄めですので。

 

CM250-3T

 

質は実際に目の前で見てみないとわからないので、、スミマセン。代理店は2014年5月現在で見つけられませんでしたがInterbeeなどで見て見たいものです。

ただVEさんにイヤって言われたらそれでおしまいなんですけどね。。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...