FCP X トラッキングプラグイン – TrackX powered by Mocha

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

Final Cut Pro X、私は使ってます。編集マンではないので頻度はかなり少なめですが、私は好きです。

放送現場でFCP 7からの移行が進んでいるかはさておき、FCP X用の目を見張るプラグインを紹介します。

Coremelt TrackX powered by Mocha

Mochaというスタンドアローンのトラッキングソフトのノウハウを詰め込んだプラグインで、FCP X上で簡単にトラッキングできます。

After Effect や Motionをビシビシ使える方には必要ないと思います。が、編集マンでも簡単にモーショントラッキングできちゃうところが売りなんです。

紹介ビデオの作例がいい例です。通常スポーツニュースなどで見られる、サッカー選手に丸で囲んで追っかけていく映像出力にはかなりゴツいシステムを必要としています。

確かにリアルタイムで表現する場合は、スロー再生機と連動する必要があったりするので仕方がないと思います。

ただ編集する時間が少し取れる場合にはちょっともったいない気がしてました。その場合もCGさんのコストもあるのでなかなか叶わないことだったのですが、こういったプラグインでサクッとできてしまうと希望が持てます。

レンダリング時間がどの程度か気になるところですが、ゴツイシステムは新型Mac Pro入れてもおつりがたっぷりなので検討材料にはなると思います。

なにせこのプラグイン、$99です。筆者も近々試したいと思っています。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...