Final Cut ProやPremiere Proの編集コントローラーiPadアプリ “CTRL+CONSOLE”

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

Final Cut ProやPremiere Proで使用できるiPad専用アプリです。再生や編集点を打つことができます。

CTRL+CONSOLE

CTRLconsole1

HARDWARE & SOFTWARE

SUPPORTED CREATIVE SOFTWARE

  • Adobe Premiere Pro (5.0, 5.5, 6.0 & CC)
  • Final Cut Pro (7 & X)
  • Quicktime – FREE (7 & X)

HARDWARE: iPad & iPad Mini
OPERATING SYSTEMS: Mac & PC

 

WEBサイトから無料でダウンロードできる通信用ソフトをインストールしたMac / Windows上のFCPやPremiereを、CTRL+CONSOLE をインストールしたiPadで制御する、というもの。

アプリのインストールは無料で、Quicktime Playerは動かすことができます。他Final CutやPremiere用は有料になります。筆者もお試しでQuicktime Playerを動かしてみましたが、しっかり動作しました。

 

 

今アプリ、編集ソフトでのジョグシャトル利用を実現させる、というのが特徴だと思います。

編集ソフト用ジョグシャトルと言えば、 ShuttleProを思い出します。昔々、リニア編集からノンリニア編集に移行時期、「ジョグシャトルがないと仕事にならない」なんて言われ、いそいそと買いに走った記憶があります。。

ただ今となってはジョグシャトルって何?っていう人が編集マンとして働いてらっしゃるかもしれません。

 

 

実はCTRL+ CONSOLE、まだ実装されてないコントローラーがあります。

audiomixer

今どきの小型ミキサーではタッチスクリーンやタブレットでフェーダー操作できるものも多く、筆者はフェーダー操作の方がタッチ操作に向いてると思っています。

FCPやPremiereで音声ミックスしちゃおう、って時には有用になるかもです。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...