1台で4K 360°全天球撮影が可能なカメラ Sphericam 2

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

Kickstarter中の360°カメラ、1台で全天球撮影がいけちゃいます。

Sphericam 2

sphericam2_3

6つのカメラ・レンズ・センサーが装備されています。特徴は、それら6つがシームレスに動作し、一つの映像としてequirectangular(正距円筒図法 : wikipedia)によるキャプチャーができるということ。

そして解像度は4096 x 2048の4Kサイズとなります。この2:1の解像度サイズはVRヘッドセットでの360°コンテンツとして利用できます。

PHYSICAL

HOUSING ANODIZED ALUMINIUM
SIZE 68MM DIAMETER
WEIGHT <400G
NUMBER OF MOUNTING POINT 8
PORT MICRO USB
BATTERY LI-PRO 2800MAH
GPS YES
AUTOMATIC STABILIZATION YES
MICROPHONES 4


IMAGING

NUMBER OF CAMERA 6
SENSOR TYPE GLOBAL SHUTTER
SPHERICAL IMAGE RESOLUTION 4098 x 2048 (equirectangular)
FRAME RATE 30FPS, 60FPS
COVERAGE 100% SPHERICAL
RECORDING TIME 60-90 MINUTES
LIVE STREAMING YES (100MBPS RTMP)
CHROMA SUBSAMPLING 4:2:2, 4:4:4


FILE FORMATS

PRO QUALITY 30/60 FPS, 2.4GBPS(GIGABITS PER SECOND), 12-BIT COLOR, CINEMA DNG
HIGH QUALITY 30/60FPS, 600MBPS(MEGABITS PER SECOND), 10-BIT COLOR, H.264
REALTIME STITCHING 30FPS, 10-BIT COLOR, H.264

Sphericam 2 Kickstarterページより抜粋

マイクが4つというのも気になります。またライブストリーミング機能があり、RTMPで配信可能です。

そしてなんと、、Pro QualityモードではCinema DNGを採用されています。これにはグッときます。

Youtubeでテストサンプル動画がアップされています。

この質感、、すごくいいです…。

Youtubeサイトの説明文中にオリジナルファイルのダウンロードリンクも用意されています。

360°コンテンツプレーヤーをお持ちでない方は、360°マウントメーカー 360Heros のVRページで用意されているVideo Stitch Playerが利用できます。

 

サンプル動画、もう一つアップされてます。

360° ロードムービー、いけちゃいます。

 

 

 

 

つぶやき

360°コンテンツは4Kサイズが標準になりつつあります。

ただ、もっと解像度が欲しい、、という欲がすぐに出てきます。

となると、8Kサイズ…

8Kは360°コンテンツにおいては現実的なフォーマットになり得そうです。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...