1050fpスロー再生が可能なHD-SDIハイスピードカメラ CROSSCAST XFUSION 2 / XCAM 1050

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コンパクトで特徴が多い、2つのハイスピードカメラシステムです。

CROSSCAST XFUSION 2

xfusion2

2/3″ CMOS sensorを搭載し、フルHD収録が可能なB4レンズマウントタイプのハイスピードカメラで、350fpsでキャプチャーし1050fps再生が可能です。

The XFUSION 2 is a unique high speed native resolution HD broadcast camera system based on a 2/3″ CMOS sensor technology. With its patent pending image enhancements, the camera offers an outstanding performance for live broadcasts and feature film production with up to 350 frames per second capture and 1050 frames per second playout. The camera utilizes the same Full HD 2/3″ global shutter sensor as the XCAM and offers 1080i/p with frame rates up to 60fps (4:2:2 at 10bit with RAW output tbc) on its live output and up to 1050 fps super slow motion simultaneously on a separate playout channel.

製品サイトより抜粋

 

xfusion2_2

SDI出力はLIVESLOMO(スロー再生)用の2系統が独立しています。ライブ出力中にスロー再生も可能です。

RS485で接続される制御系コントローラーはOCPとRCPの2種類あります。

crosscast_highspeed2

【左がOCP、右がRCP】

RCPにはジョグシャトルが付いているので、スロー再生が容易にできそうです。

 

 

 

もう一つの小型モデルです。

CROSSCAST XCAM 1050

xcam_2

XFUSIONと同様に2/3″ CMOS sensorを搭載し、フルHD収録が可能。レンズはminiPLマウントCマウントに対応されています。

カメラヘッドとCCUが別になっており(80m延長可能)、こちらも同様に350fpsでキャプチャー/1050fps再生が可能です。

xcam_3

制御も同様にRS485経由でOCP / RCP接続が可能になっています。

 

 

XFUSIONとXCAM 1050を使ったデモ動画はこちらです。

オフィシャル動画とは思えないPV風のデモリールもその特徴の一つ……です。

メイキング動画もあります。

クレーンに取り付けられた小型なXCAM 1050の姿がなんとも印象的です。

 

 

製品サイトにはレコーダー部の仕様詳細が無く、どういったディスクが使用されているか、ファイルとして抽出できるか、などが不明です。

ファイル抽出が出来ない場合、SDI経由で収録することを考えると、SHOGUNOdyssey7シリーズあたりが必要にはなりそうです。

 

ですが、スポーツ生中継などでアスリート近くに仕込めるほど小型で、スロー再生が出来てしまうのは、かなり嬉しく魅力的な製品に映ります。

中継車が出せない、けどスロー再生したい、なんて時にはうってつけのスローカメラシステムです。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...