小型なハイスピードカメラ Vision Research 「Phantom Miro C210J / C210」

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

“小さければ小さいほどいい” とは思いませんが、“小さいことは価値がある” と痛感させられる製品が多くなってます。

今製品も間違いなくその一つ。73 mm x 73 mm x 72 mm (H x W x D)のハイスピードカメラです。

Vision Research 「Phantom Miro C210J / C210」

C210J-C210

 

最大解像度は1,280 x 1,024となりフルHDではありません。以下解像度とfpsの対応表です。

解像度 fps
1,280 x 1,024 2,000
1,280 x 720 2,720
512 x 512 3,800
640 x 480 4,000
256 x 256 7,400
64 x 8 74,000

 

重さ500gと軽量で、C/CSマウントレンズが装着可能です。SDI出力も付いています。

miro_c210_1

 

 

型番に“J”が付いてるC210JはMiro Junction Box (JBox)というインターフェーズボックスと使用するタイプになります。

miro_c210_2

 

 

 

収録は取り外し不可の内臓128GB”CineFlash“に行われます。収録データはPhantom Camera Control (PCC)というソフトウェアを利用して分析や変換することが可能です。

PCC

 

 

過酷な環境下でも使用可能な設計がなされており、“自動車衝突試験などの実験用に最適”、と評されていますが、小さいことは映像制作にも有効となり得ます。

ハウジングキットさえあれば、水中やら空中やらで活躍しそうです!

….と思ったのですが、、内臓バッテリーがあくまでもバックアップ目的であるということで、30分しか持ちません。。

 

いやいや、マルチコプターだってそんなに長くバッテリー持たないですから、ものは考えようです。

ハイスピードカメラ界のGoProとなるか!!なんてことはVision Researchは狙ってないでしょうけど。。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...