TC electronicがSystem 6000用のプラグイン、System 6000 Integratorを発表

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

TC electronicがSystem 6000用のプラグイン、System 6000 Integratorを発表しました。

integrator

何か、というと、DAWやNLEのソフトウェア上のプロジェクトファイルに、System 6000の設定を呼び出せたり保存できたりするものです。

また、再生中にプリセットを変更出来たりもするので、通常4つのエンジンを使用する中でもバリエーションが広がる使い方が出来ます。


System 6000を使用している方には朗報かもしれません。筆者は実際にSystem 6000を使用した経験が無いので、その有難さがピンときません。。スミマセン。

【ホスト対応:テスト済み】

  • Avid Pro Tools (Mac/PC)
  • Apple Logic Pro 9 & X (Mac)
  • Apple Final Cut Pro X (Mac)
  • Steinberg Nuendo (Mac/PC)
  • Steinberg Wavelab (PC)
  • Steinberg Cubase (Mac/PC)
  • Ableton Live (Mac/PC)
  • Adobe Audition CC (Mac/PC)
  • Adobe Premiere CC (Mac/PC)
  • Reaper (Mac/PC)

 

【プラグインフォーマット】

  • VST2.4 32/64-bit
  • VST3 32/64-bit
  • Audio Units 32/64-bit
  • AudioSuite 32-bit
  • AAX Native 32-bit
  • AAX Native 64-bit

 

やはりProtoolsと合わせて使用することが多いと思うのですが、プラグインフォーマットを見ると、RTASがありません。

RTASもAudioSuiteも、Protools 11では使用不可になってしまったので、AAXを使うことになりますね。

さすがにAbletron の「Live」を放送用途に使用していることは、、まず無いかもしれませんがテスト済みです。(筆者は「Live」好きです。)

 

ここで、筆者はプラグインフォーマットに詳しくないので、調べついでの補足です。

AAX…Protools

VST…Steinberg系/Adobe系ソフトウェア

Audio Units…Apple系ソフトウェア

※2014年8月現在

フォーマット、、、覚えるのに一苦労です。都度都度リフレッシュしないと、”現在のバージョンでは使えません”って言われてしまいます。

 

価格は$499ですが、今なら$299です。14日間のフリートライアルもあります。

ライセンスはiLokになります。(筆者は「iLok」苦手です。)

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...