モーションコントロールカメラロボット eMotimo 「TB3」

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

タイムラプス撮影が流行っていて、Youtubeでも相当数のカッコいい映像が見れます。

筆者もFinal Cutとかで速度速めて“なっちゃってタイムラプス”をしますが、実際にDSLRで微速度撮影されてる方々には頭が下がります。

で既に、固定で微速度撮影ではもう飽き足らない、ってことでモーションコントロールが巷に出てきています。

主にスライダーのモーションコントロールで、KONOVAなどAmazonでも購入できるものもあります。

個人的にはedelkroneのSlider Plusがいいな~と思っていますが、いずれにしてもプロ―モーション映像を撮ることに長けてるとも言えます。

今回はそんなモーションコントロール製品の一つを紹介します。まずはフッテージ映像です。

  • カメラ : Sony A7R
  • モーションコントロール : eMotimo TB3
  • スライダー : Rhino Pro 4ft

モーション制御もさることながら、Sony A7Rの実力、スゴイです。

 

そしてモーションはスライダーだけでなく、パンチルトもいけてしまうこちらです。

eMotimo TB3

motionexample

モーションコントローラーソフトでかっちり動きをを作りこむこともできますが、付属のリモコン(ワイヤレスorワイヤード)で簡単に制御できるのが売りです。

そして他にはないと思われるライブモード、というかリモコンでリアルタイムに制御できてしまう、ということがポイントです。

そうなんです、以前紹介した、カメラ用ロボット雲台 ― MPR-202と同じで、スタジオの無人サブカメラに使えないか、と思ってしまうのです。

ただし、、紹介ビデオにもありましたが、動作音が結構大きいようなので、静かな番組には向いてないです。。

ま、、そういう用途で検討する人は居ないかもしれませんが、単体で$999、Rhino Pro 4ftスライダーとセットで$1,799という、たぶん安いだろうと思われる価格で購入できます。

 

まとめ

マルチコプター撮影といい、10万円台のアクセサリー機器でプロ顔負け作品が世に出まくる時代、怖いです。。が、有楽町のビックカメラのGoPro売り場近くでDJI Phantom 2 Vision+(マルチコプター)が店頭販売されてました。

モーションコントロールブームが来るかどうか?地味に来るかもしれません。。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...