Skype TX搭載ハードウェア3種 「TalkShow」 「The Quicklink TX」 「STX-200」

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

今年春頃に発表されたSkype TX。IBC2014でソフトウェア単体ではなくハードウェアに組み込まれた形での製品になることがわかりました。

そのハードウェアパートナーになったのが、NewTek/Quicklink/RIEDELlの3社です。今回は3社から登場する3機種を見ていきたいと思います。

まずはTriCasterでお馴染みのNewTek 「TalkShow」です。

NewTek 「TalkShow VS-100」

TalkShow

1Uサイズで前面に液晶が備わってます。

Front Panel Display

Rack-viewable RGB preview of Skype video calls, VU metering, caller, time, status, tally (on air) notification and more.

NewTek 製品ページより

タリーまで出せるようなので、放送機器としての仕上がりが感じられます。しっかりTALLYポート(15ピンGPI)が備わっています。

talkshow_2

SDIエンベ入出力とアナログ音声入出力が備わってますが、AES入出力はありません。

OSはWindows 8.1 Embedded になるのでパソコンって言えばそうなります。PS/2コネクタが付いてるのは今どき珍しいですが、サーバー系のマザーボードには未だ付いてることが多いかもしれません。

TalkShow-Workflow

NewTekはやはりTriCasterとの連動が売りになると思われます。

Network I/O

Network I/O in NewTek live production environment—output over Ethernet to 3Play integrated sports production system or TriCaster multi-camera production system, while reserving SDI hardware connection for other feeds.

NewTek 製品ページより

仕様にはSDI入出力の他に“AirSend I/O”という項目があり、ネットワークで映像/音声の入出力が可能となっています。

TriCasterでオーディオミキサーもやってしまう時には、もはやSDIでのやり取りも必要ないかもしれません。ネットワーク入出力の遅延や音ズレ次第ですね。

 

Quicklink 「The Quicklink TX」

quicklinktx1

こちらもTalkShowと同様1RUサイズで、中央に液晶画面が付いています。

液晶画面はタッチパネルになっており、エラー表示や制御ができるようです。

quicklinktx2

TalkShowとの大きく違うところはオーディオ入出力です。26pinのBreakoutケーブルが必要になりますが、アナログとAESの入出力が可能です。

“CPU Exhaust dust”なるものが付いてるのも特徴的。パソコンですもの、しっかり放熱対策しないとですね。

quicklinktx

シンプルなダイアグラムになってますが、Quicklink TXが対向で使用する例が載っています。これを見るとゾクッとしますね。。

これはQuicklink TXだけのことでは無いと思いますが、これがSkype TXの本領な気がします。

 

RIEDEL 「STX-200」

STX-200_res

こちらは2RUで全面には電源ボタンだけのシンプルなデザインです。

stx-200

他2機種と違ってLANポートは1つですが、Audio over IPのAES-67ポートがあります。ん~これは今どきの放送機器を感じさせてくれます。

 

まとめ

駆け足でしか見れませんでしたが、同じSkype TX機でもそれぞれに味があります。

ラックに余裕があれば2RUの方がインストールし易かったりと、大きさだけとってみても好き嫌い分かれますし。

あとはSkype TXソフトウェアの機能次第ということになりますが、遅延に関しては既にサンプルとしてアップされている動画を見るとほとんど感じさせません。そりゃ電話出来るSkypeですから、当たり前且つ最大の売りです。

一番気になるのはSkype TX機を対向で用意した場合の画質です。それ次第では最近巷でよく聞く“ゲームチェンジャー”となってしまう可能性大だと思っています。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...