低レイテンシーH.264エンコーダー/デコーダー VITEC「MGW Sprint」

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

当サイトでも幾つかご紹介している”Video over IP”カテゴリですが、IBC2014でもいろいろと話題になると予想されますが、その一つをご紹介します。

VITEC「MGW Sprint」

Sprint

H.264エンコーダー/デコーダーですが、特徴は低レイテンシーであること。

ユニキャスト/マルチキャストともに、4ミリ秒という、1フレーム以下の遅延で伝送を可能にするというものです。

この種の製品は国内メーカーから幾つか出てますが、比較しても1フレーム以下というのはスゴイです。

splint

後面はいたってシンプルです。エンコーダー/デコーダーの入力/出力にSDIとHDMIを持ちます。

【主な仕様】

ストリーミング:RTP/RTCP

ビデオフォーマット:H.264/5~40Mbps

オーディオフォーマット:PCM/48~196Kbps

入力解像度:

  • 1024x768p50/60/75
  • 1280x800p50/60
  • 1366x768p50
  • 1280x720p25/29.97/30/50/59.94/60
  • 1920x1080p23.976/24/25/29.97/30

 

まとめ

当サイトで安価なHDMI over RTMPをいろいろと紹介していますが、基本的にはUstreamなどのプラットフォームに向けて配信するものだったりします。

ただ、WOWZAなどのストリーミングサーバーを持てば、独自にRTMP配信を管理できるので、やろうと思えば素材伝送にも使えると思っています。ですがRTMPをSDIにする場合、パソコンで受けて全画面にしてHDMI出力をさらにSDIに変換して、、、、なんて考えると、ライブ中継素材伝送なんかに使用するには少々不安が残ります。

やはり今製品のようにエンコーダー/デコーダーでしっかりSDI入出力をフォロー出来る、RTP/RTCPあたりの配信がより現実的ではあります。ただ数万円ってわけにはいかなくなるのも事実です。

 

…逆に、RTMPデコーダーでSDI/HDMI出力付き!、なんて製品が出ればな~なんて思います。PCレスでRTMPデコーダー。

よくよく考えると、Chromecastあたりがそれに一番近い製品なのかもしれません。。。

先日の24時間めちゃゆるテレビをChromecastで見ていたときに、そんなことをふと思いました。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...