携帯電話回線利用の小型なライブ映像配信端末 ー LiveU 「LU200」

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

IBC2014に合わせて各社リリース合戦が続いてます。ちょっと見落とすと記事にするには古くなってしまい、あ~残念、って気分になることが多いです。

そんな中、おっ!と目を引く小型なライブ配信端末がIBCで紹介されます。

LiveU 「LU200」

LU200

LiveUは、携帯電話回線でRFライブ配信できる製品でここ数年注目を浴び続けているメーカーです。

ご存知の方には説明要らずだと思いますが、この↓ようなリュックをしょったイメージ写真で印象に残ります。

LiveU-I

低遅延モードがあり、1秒ほどの遅延で配信できるので、スタジオとの掛け合いも出来てしまいます。

今年のブラジルワールドカップも相当使用されたようで、よく記事になってました。

(確かに、、放送機器.comいち押しの “Flash RTMPライブ配信” が激安で利用可能になったとはいえ、遅延を考えると掛け合いは難しいし、不安が残ります。)

 

そしてそのLiveUが、IBC2014でさらに小型で、カメラアクセサリーシューにチョコンと乗っけられるサイズの「LU200」を登場させます。

見た目RTMP配信機の “あの製品” に似てるじゃないか、と思うくらいに小型ですが、重さは500g。比べるとこちらのほうが重いです。

詳細な仕様がまだ発表されてないのが残念ですが、気になるのは価格です。

重さのに比例した価格だったら嬉しいのですが、、それはちょっと難しいですかね。。

仕様・価格などが判明したら今記事を更新したいと思っています。

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...