Sonyと放送関連メーカー10社がIPインターフェースの相互運用性でコラボレーション

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

IBC2014で、SonyとEvertzやVizrt、Ciscoなど含めた放送関連メーカー10社が、IPインターフェースでの相互運用性についてのコラボレーションが発表されました。

Sonyプレスリリース

Evertzプレスリリース

Vizrtプレスリリース

Sonyオフィシャルブログ

 

賛同メーカー10社は下記の通り。

Altera Corporation / Cisco Systems / Evertz / Imagine Communications / Juniper Networks / Macnica Americas / Matrox Electronics Systems / Rohde & Schwarz DVS / Vizrt / Xilinx

 

これらは何を意味するのか….?

ソニーブログでは、“放送事業者に対して、レガシーであるSDIからIPベースへの移行をサポートする” と説明しています。

 

Sonyが提唱する、Networked Media Interfaceとは何でしょう。。

現時点でソニーのIP製品といば、NXL-IP55か、AWS-750

そして、ソニーが去年プレスリリースした「リアルタイムIPプロダクション技術」で紹介されていたSDI/IPコンバーター。↓

01

 

(リリース時、「最終デザインではない」とされていますし、2014年10月時点で製品化はされていません。)

 

「リアルタイムIPプロダクション技術」プレスリリース抜粋↓↓

<IPベースAVルーティングシステムの応用例>
 カメラやモニターなどの既存のSDI機器に「SDI-IPコンバーター」を繋ぐか、もしくは「IPインターフェースモジュール」を内部に組み込んだ機器を繋ぎ、汎用的なIPスイッチを介してネットワーク接続したシステムにより、現行のSDIルーターを置き換える「IPベースAVルーティングシステム」を実現します。(下図参照)
 HD、4Kを始めとした高画質の映像や音声をネットワーク経由で多地点に同期伝送し、切り替えノイズ無くスムーズにソース映像切り替えができます。

04

↑↑

以前の記事もどうぞ!

 

去年のプレスリリース内容はシンプルですごくいい!と思っていたのですが、 今後ソニーが提唱する、“Networked Media Interface” がどんな展開を見せるかはわかりません。

先行しているIPオーディオのDanteやRavennaみたいなネットワーク規格となるか….

そうなってなお、DanteやRavennaと共存できるみたいな….

いや、、ネットワーク上にあるパソコンのVLCプレーヤーで視聴できる、既存のプロトコルと互換性のあるものがいいな…..

 

と、とにかく、、素敵なソリューションを期待しています!

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...