小型な放送用SDIカメラ Marshall Electronics 「CV500-MB-2」

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

Marshallと聞くと、フィールドモニターを思い出す方は多いかもしれません。もしくはアンプのほうがもっと多いかも。(筆者はそっちの方です。)

“Electronics”が付くほうは、いろいろな放送機器製品を扱ってらっしゃいます。

今回はそのMarshall Electronicsの小型なSDIカメラ 「CV500-MB-2」を紹介します。

CV500-MB-2_2

BNCコネクタの大きさでイメージすると相当小さいです。手の大きさで比べるとよくわかります。

CV500_1

 

CV500-2r

必要最低限のコネクタ類が背面に備わっています。

OSD(オンスクリーンディスプレイ)ボタンがあります。これ一個で全ての操作を行える?と思いきや、ジョイスティックになってます。中心を押すと“決定”ってやつです。

osd

製品マニュアルより抜粋

上記のような設定が画面に表示されるので見ながらピコピコと操作します。

These HD cameras incorporate a superior quality 2.2 Megapixel CMOS sensor with video enhancement features such as Wide Dynamic Range (WDR), Extreme Low Light Sensitivity, Digital Noise Reduction (2D+3D), Automatic White Balance, Digital Defog, Auto Day/Night, Privacy Masking, Digital Zoom, and Pixel Correction offer effective tools for rich video quality in all types of applications.

製品サイトより抜粋

ホワイトバランスはオートだけではありません。ちゃんとマニュアルもあります。

ATW (Auto Trace White Balance): continuously adjusts camera color balance in accordance with any change in color temperature. compensates for color temperature changes within the range of 2000K to 10000K.

AWC SET: The white balance is automatically adjusted in a specific luminance environment. To find the optimal luminance level for the current environment, point the camera towards a shoot of white paper and press the SET button.

INDOOR: Select this when the color temperature is between 4,500˚K and 8,500˚K.

OUTDOOR: Select this when the color temperature is between 1,700˚K and 11,000˚K. (Ex. sodium light inclusion)

AWB (Auto White Balance): controls the automatic adjustment of the light source’s color temperature.

MANUAL: Select this to fine-tune White Balance manually. You can adjust the blue and red tone level manually.

  • BLUE: Adjust the blue tone of the image. (0~100)
  • RED: Adjust the red tone of the image. (0~100)

製品マニュアルより抜粋

他にも調整出来ることはあります。これらをOSDで操作するのも大変ですが、RS485制御ができます。それと専用コントローラーVS-PTC-50もあります。

VS-PTC-50controller

レンズはM12マウントオプションからも結構選べます。

lenz1

2.5mmレンズの評価動画がこちらです。

やはりスポーツ中継での利用が有効と感じます。小型であることは都合がいいこと多いです。固定でもカメラ台数を増やすことはダイナミックな演出にもつながりますし。スイッチングは大変ですけど。。

またライブとなると流石にGoProってわけにも….VEさんに嫌われます。

この「CV500-MB-2」はB&Hで$500以下で売られています(3.7mmレンズセット)。さほどGoProと値段も変わらず、M12マウントレンズも意外と安いです。だいたい$30~40前後。

低予算でも趣向を凝らした演出をする場合にピッタリな放送用カメラです。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...