HDMIでカメラ同期可能なリニアPCMレコーダー/ミキサー TASCAM DR-701D

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

TASCAMから、カメラ用リニアPCMレコーダー/ミキサー『DR-701D』がリリースされました。

TASCAM DR-701D

dr-701d

『DR-701D』はDSLR(デジタル一眼レフカメラ)やビデオカメラでの動画撮影時に使用することで、動画の音声をより高音質にすることが可能な6トラックリニアPCMレコーダーです。
HDMIコネクター搭載で映像とクロック同期、録音開始/停止動作の同期が可能。タイムコード入力対応で録音ファイルに時間情報を記録することができます。マグネシウム合金を採用した軽量かつ堅牢な筐体は、カメラの上下どちらにも取り付けることができ、ステレオ内蔵マイクと4つのXLR入力で思い通りのセッティングが可能なカメラユーザーのためのオーディオレコーダーです。複数台によるカスケード動作によりトラックの拡張も可能です。

TASCAM DR-701D製品サイトより抜粋

HDMIでクロック同期、なるほどです。タイムコード入力するBNC端子も付いています。

dr-701d_p_left1

 

カメラマーク(icon_w_camera)のIN, OUTも特徴の一つ。

■『DR-701D』とカメラでの同時録音を可能にする CAMERA OUT (icon_w_camera OUT)端子

ミキシング後の音声をDSLRカメラやビデオカメラに出力する専用端子を装備。『DR-701D』とカメラに同じ音声を録音することが可能です。カメラメーカーによって入力レベルが異なること、またカメラ側の音量に関する調整項目が少ないことを考慮し、出力ボリュームを調節できるようになっています。

■カメラ本体での収録音をモニターできる CAMERA IN (icon_w_camera IN)端子

CAMERA OUT (icon_w_camera OUT)端子に加えて、DSLRカメラの音声モニターを可能にする CAMERA IN (icon_w_camera IN)端子も装備。『DR-701D』のモニターセレクト機能をあわせて使用することで、『DR-701D』だけでなくDSLRカメラの音声も効率的にモニタリングすることができます。

TASCAM DR-701D製品サイトより抜粋

 

サンプル動画はこちらです。

 

動画撮影時に便利な機能が豊富なレコーダー/ミキサー、まさに今どきの製品です。

 

 

つぶやき

HDMI端子が付いてるのを見て、、ビデオ録画もできちゃうと、もっといいと思ってしまいます。

mp4やmovなどの動画ファイル1つに、録画とマルチチャンネル録音ができれば、、、夢のようです。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...