アプリ連動可能な8CHマルチレコーダー ZOOM F8

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

NAB2015で発表されたZOOM F8(関連記事)ですが、製品サイトとプレゼン動画を用意されています。

ZOOM F8

zoomF8_004

SDカード収録で持ち運べるマルチトラックレコーダーは既に幾つかのメーカーから発売されており、現場での利用頻度も高いと思われます。

後発なF8は、その恩恵というか、、グッとくる仕様になっています。

特にNAB2015ではわからなかった、アプリ連動が気になります。

専用アプリでコントロール

F8は、フィールドレコーダーとしては初のBluetoothコントロール搭載機。ZOOM F8 Control iOSアプリを使用すれば、Bluetooth LEプロトコルを使用してiPhoneやiPad、iPod Touch(第5世代モデル以降)からF8をワイアレスでコントロールすることができます。録音、再生、停止、早送り、巻き戻しの基本操作のほかに、ミキサーのパンやフェーダーレベルのコントロールも可能です。また、入力レベルやタイムコード、バッテリー残量のモニターも行えます。さらに、ファイル名のリネームやメタデータの入力、録音データの日付や時刻などの情報もiOSデバイスからダイレクトに入力することもできます。

製品サイトより抜粋

zoomF8_005

タッチ操作が苦手な人にとっても、レベルメーターの役割だけでもかなり有用です。

 

今どきのDSLR撮影にも対応されています。

zoomF8_006

アクセサリ

F8パッケージには、以下のものが同梱されています。

  • カメラマウントアダプタ
  • ACアダプタ (AD-19)
  • 取扱説明書
  • TA3 – XLR ケーブル x2
  • Steinberg Cubase LE (ダウンロード・ライセンス)
  • Steinberg WaveLab LE (ダウンロード・ライセンス)

製品サイトより抜粋

カメラマウントアダプタが付属されます。

それと….Cubase ? なるほど、オーディオインターフェースにもなります。

タイムコード、USB

タイムコードの入出力にはBNCコネクターを採用。USBポートはファームウェアのアップデートやファイル転送に便利です。また、USBポートを使用してF8を8イン/4アウト、最高96kHzのUSBオーディオインターフェイスとして使用することも可能です。

製品サイトより抜粋

すごいお得感を感じてしまいます。

 

 

気になる価格と発売時期はAV Watchさんが伝えています。

AV Watch記事 : ズーム、単3電池駆動で192kHz/24bit 8ch録音対応レコーダ「F8」

 

 

嬉しい機能が詰まったZOOM F8、期待大です。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...