4K放送用モニタリング

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

来月よりブラジルワールドカップが始まります。

それに合わせて4Kの試験放送が開始され、もしかしたら日本戦が見られるかもしれません。(AV watch記事)

4K撮影は映画やCM現場では進んでると思うのですが、放送に関してはまだまだ感が否めません。

放送現場でもワクワク感というより、やっとHD対応が終わったところなのに、、、と正直思いますよね。

4kが必要か、必要ないか、という議論自体あると思いますが、ここはひとまず少しずつ理解する姿勢でいたいと思います。

 

そこで、今回は4kモニタリングについて考えたいと思います。

SDからHDの時にはまず画角が変わりました。今回は変わらず16:9でしょ、と素直に思いたいですが、理解しなくてはならないことがあります。

映画(デジタルシネマ)で使われる画角は1.9:1です。のっけから嫌な気分になります。。

整理しますと、

名称 解像度 画角 画素数
放送 UHD,QFHD 3840×2160 16:9 8,294,400
映画 DCI 4096×2160 1.9:1 8,847,360

4Kの規格は大きく分けて2つあります。

UHD(UltaraHD)もしくはQFHDと呼ばれるものと、DCIです。

放送はUHDになるので、16:9ですね。2160/60pって感じで呼ぶことになるのでしょうか。iを考えなくてよくなってるし、ちょっと安心します。

映画素材を扱うときには少し注意が必要ですが、解っていれば今までと同じ要領な対応できる気もします。

 

では4Kモニタリング、まずは放送用モニターです。SDIモニターと呼ばれるものですね。

そもそも4K映像をどうやって出力するの?って思ってましたが単純にSDI x4本です。

 

4Kタイミングで革新的な放送用インターフェース(光ベースの)が出るものと予想してましたが外れてしまいました。。

今回参考にするのはSony PVM-X300にします。

・SDI入力数 x4 / HDMI入力数 x4

UHD(3840×2160) DCI(4096×2160)
3G/HD-SDI x4本 24, 25, 30, 50, 60p 24, 25, 30, 50, 60p
3G-SDI x2本 24, 25, 30p 24, 25, 30p
HDMI x1本 24, 25, 30p 24, 25, 30p

仕様にはHDMI x4本の場合の対応は明確にはされてません。またDisplayPortの2入力は将来拡張用のようです。(2014年5月現在)

もう一点注目は、CineAltaとはHDMI 1本で接続できるとのこと。

※以下抜粋↓

CineAlta 4Kカメラ PMW-F55との独自接続
収録現場において、新発売のCineAlta 4Kカメラ PMW-F55による4096×2160/60Pの信号をHDMI1本で表示する独自機能を搭載しています。

Sonyの独自機能というのが気になります、、

昨年出たFDR-AX1の特徴にも似たようなことが記載されています。

※以下抜粋↓

4K対応テレビにHDMIケーブル1本の接続で4K映像を視聴
HDMIケーブル(同梱)を1本使用することで、楽しむことができます。映像出力は4K/30p、24pに対応しています。
さらに、4K対応〈ブラビア〉との組み合わせでは、独自方式により4K/60pで撮影された映像の再生もHDMIケーブル1本で可能です。

 

どうやらHDMIはver1.4から4k解像度に対応してますが30Hzまでのようです。60pがOKなのはver2.0からです。

HDMI 1.4 2160/30pまで(最大オーディオch数 8)
HDMI 2.0 2160/60pまで(最大オーディオch数 32)

 

…ということはHDMI 2.0製品が出てくるまでは、

2160/60pは、SDI x4本 もしくは HDMI x4本で見る。

2160/30pは、HDMI x1本で見れる、

ですね。

さてここからが課題です。実際PVM-X300をたくさん用意できるかというと、まず無理です。そんな予算ありません!

ではどうするかっていうと、HDの時と同じです。一世風靡したSDI to HDMIコンバーター。

Amazonで1万円以下で手に入るアレです。

今まで、KONAとかDecklinkから同軸延ばしてPCモニタ直前にSDI to HDMIコンバーターをかましてPCモニタで見るってことやってきました。

サブやマスターからのスイッチャー/ルータ出力も同様でしたよね。

では4k対応のPCモニタは、、、あります。例えば、DELL UP2414Q。最大解像度はUHD(3840×2160)です。

ですが、HDMI入力仕様は30hzまで(おそらくver 1.4ってことでしょう)で1入力のみ。

この際、2160/30pでもいい!(2160/60pと2160/30pの違い、正直わかる自信がありませんし、)

と思ったところでSDI4本を1本ずつSDI to HDMIコンバータしても、HDMIを4本を1本に束ね、かつ2160/30pにしないといけません。

ん~と思っていたらありました。計測技研 4kコンバーターQuad MC とAJA Hi5-4K です。

今回はQuad MCを見てみます。ラインアップは4つです。(アップコンは除く)

QMC-44HS-PRO HDMI 4ch → SDI 4ch
QMC-44SH-PRO SDI 4ch → HDMI 4ch
QMC-42SH-PRO SDI 4ch → HDMI 2ch
QMC-41HH-PRO HDMI 4ch → HDMI 1ch

ん?SDI 4ch → HDMI 1chは無いのか?と思ったら、QMC-42SH-PROがそうでした。

QMC-42SH-PRO仕様

SDI x4 to HDMI x1  UHD/30p もしくは DCI/24p
SDI x4 to HDMI x2  UHD/60P

SDI x4 to HDMI x2というのは、1本のHDMIに1920×2160(UHDの半分ずつ)を出力し、2面タイル表示に対応するモニタでUHD/60pを見ることを可能にするモードのようです。

なるほど~と思いつつ、とりあえずこのQMC-42SH-PROとDELL UP2414Qで2160/30pが見れそうです。

 

4k映像の内容がとりあえず見たい、ということであればAJA 4K2HDでダウンコンしてHD解像度のPCモニタで見ましょう。

期待のBlackmagicの4Kコンバータは、独走中の6G-SDI製品なので、しばらくAJA製品が重宝しそうですね。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...