DJI、 Inspire 1の4Kカメラ&ジンバルシステム用ハンドヘルドマウントを発表

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

DJIは、同社ドローン製品”Inspire 1″の 脱着できる4Kカメラ&ジンバルシステムに取り付け可能なハンドヘルドマウント をCES2015で発表しました。

これ、、いいですね。すごく。

空撮をしない日は、これで街に出かけて撮影できます。確かに、せっかくの4Kカメラを有効活用しない手はありません。

このハンドヘルドマウントには、70分ほど撮影できるバッテリーが内臓されるとのこと。更にマイクとRECボタン、ビューワーにするためのスマホを装着できるアダプターと、撮影に万全な装備がなされています。

もう、これをセットにして発売してくれてもいいです。。この新ハンドヘルドマウントの正式な出荷時期の発表はありませんが、チョッピリ、Inpire 1のカメラジンバルハンドヘルドセット、期待したいです。それはもうInspire 1とは呼べないでしょうけど。。

 

何でしょう、、、このアイデア、Inspire 1の仕様で“脱着式4Kカメラ & 3軸ジンバルシステム”、を見たときに思いついても良かったのに、すごく目からウロコです。筆者の目が曇っているのでしょう…..

 

最近のNebula 4000 lite人気もあって、今製品アイデア はウケがいいはず。

そして…..今年は、“ジンバル付きカメラ” もしくは “カメラ付きジンバル”、、どっちでもいいですが、出る!!、、かも……..いや、、目が曇ってる筆者の取って付けた予想は、当てになりません。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...