25分フライト可能な3軸ジンバル装備の撮影ドローン Yuneec “Q500”

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

今年2014年最後の “ドローン紹介” になるだろう……と思います。

Yuneec “Q500”

q500

カメラが装備された本体とプロポがセットです。

 

YUNQ500_4

Q500 TYPHOON Aircraft

Flight Time Up to 25 Minutes
3 Flight Modes Smart, Angle and Home Modes

製品サイト仕様より抜粋

 

YUNQ500_3

CGO2-GB Camera Gimbal System

Video Resolution FULL HD 1080p – Adjustable 60, 50 or 48 FPS
Photo Resolution 12 Megapixels
Field of View 155°
Storage (memory) microSD Class 10 ~ 4 to 128GB

製品サイト仕様より抜粋

 

YUNQ500_2

ST10 Personal Ground Station

Operating System Android™
Video link Frequency Band 5.8GHz
LED Backlit LCD Screen Capacitive Multi-Touch 4.5”

製品サイト仕様より抜粋

 

 

特徴は、フライト時間の長さ。25分は他機種と比べて長いです。3軸ジンバルを備わったHDカメラは60fpsで撮影可能。 もっとも特徴的なのはプロポにAndroidが搭載されていること。オールインワンが好きな方には持ってこいかも。 気になる撮影映像はこちらです。

 

 

Q500をQ500で撮影した動画がこちら。

 

 

さらに屋内も飛びます。

屋内での安定した空撮映像は、まるでドリーやクレーン撮影しているように見えますが、”Q500″ もその期待に応えてくれそうです。155°の広角レンズも歪みが少なくてとてもいい感じです。 “Q500″は、Yuneecサイトで既に販売開始されてます(記事投稿時$1,299)。既にユーザー動画も多数Youtubeにアップされてるので気になる方は是非チェックしてみてください。

 

 

あとがき

今年2014年、たくさんの撮影コプターが登場しました。話題に尽きることなく、放送機器.comでも取り上げさせて頂きました。各メーカー様大変ご苦労さまでした!そして来年もどうぞよろしくお願い致します。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...