クラウドベースの放送送出システム VJU ”Channel as a Service”

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

まさに今どきのクラウドベースの放送システム VJU “Channel as a Service” を紹介します。

VJU

上記の図、かなりシンプルですが、「これでいいんです。」という気概さえも感じる運用イメージです。

アレ?とお気づきになった方も居るかと思いますが、右上の”Cable Head-End”にあるのはHarmonicのデコーダーに見えます。

HarmonicはこのVJUとEncoding.comという会社に投資をすることをリリースしており、クラウドとの連携を図っています。

まずは紹介ビデオから。

All-in-one solution – full functionality

  • Media Asset Management
  • Playlist Builder
  • Graphic inserts
  • 24/7 Scheduler
  • Preview
  • Play-out
  • App Builder

VJUサイトより

放送システムに必要な機能、“コンテンツ管理”、“プレイリスト作成”、“ロゴ・テロップ送出”などは一通りそろっており、『ビデオサーバーやAPC、ブランディング用のCG・DSKなど既存ではハードウェアで考えられていたものすべてを、クラウド上ソフトウェアで実施運用します』、といったコンセプトのクラウドサービスです。

放送送出システムはここ10数年で、テープ素材をエンコードしてファイル化しビデオサーバー送出にはなりました。ただAPCからの422制御は変わらず、結果SDI信号として再出力することにはなります。

それら既存の送出システムからの脱却、、、などと大げさに考えなくとも、シンプルに無駄を省くことを追求すれば、このコンセプトに行き当たります。

脱SDI、、とは言うべきかもしれません。最初の図では、SDI信号に戻すのはケーブル局や衛星放送プラットフォームのラックにあるデコーダーであることを意味します。

そもそもストリーミングでネットワーク上に“放送”されるわけで、もしそれがインターネット上であれば、プラットフォームを介さずブラウザーやIPセットトップボックスで見ることが出来てしまいます。

 

少し現実的に考えた場合、放送局の基幹システムである営放システムが、こういったクラウド放送サービスとどう連携できるのかがハードルになると思います。

やはり、“放送結果”による“放送確認書”が上手に運用されなければ、現場には受け入れられてもらえませんし。。

 

少しずれた話になりますが、最近ではインターネットでのショッピングサイトは月額制サービスでWEBサーバー込みであっという間に開業出来てしまいます。その機能はデザインテンプレートやカートのみならず、在庫管理や領収書まで発行出来てしまう優れものです。

なので、このVJU “Channel as a Service” でどこまでの業務をやるかはさておき、営放システムもクラウド上にあってこそ、クラウド放送が完結することにはなるはず。

以前の記事でもそんなことを書いていますが、クラウド放送システムは昨今注目されている “ディザスタリカバリ”“BCP” を考えるとピッタリはまります。

VJUも同社サイトで同じことを提案されてます。まずはお試しにバックアップ・リカバリーチャンネルをクラウドで持つのはいかがでしょうか?(筆者、回し者ではございません。。)

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...