HDMI over IP ― RTMP配信機編 part2

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

先日HDMI over IP ― RTMP配信機編を紹介しましたが、まだまだありましたのでpart2として紹介します。

今回は前置きなしでさっそくいきます。

Hauppauge 「StreamEez-Pro」

StEePro

WOWZA配信と相性がいいと謳ってますが、一般のライブストリーミングサービスにも普通に配信できます。

1080Pまでいけて$300以下です。

 

AVerMedia 「AVT-C875」

aver

録画も可能。最大録画品質は1920×1080/30fpsになります。

 

 

AVerMedia 「CV710」

avm710L3

同社「AVT-C875」の兄貴分的な製品。USB3.0対応。録画も可能。最大録画品質は1920×1080/60fpsです。

 

SKNET 「MonsterX U3.0R SK-MVXU3R」

sknx2

 

USB3.0対応。1920×1080/60fps録画できます。

 

まとめ

今回の4製品は何れも2万円前後で購入可能です。ライブ配信機器と言えばプロっぽい響きでしたが、、、本当に驚きです。

いや、このカテゴリだけでは無い話ですが、放送機器・業務機器=高価なもの、が必然的ではなくなったということです。

“放送機器は高価”、だとか、“高価だから放送機器”、ではなく価値を見極めて購入し活用したいものです。

なので放送技術者は、放送ベンダーさんとの折衝だけに囚われ過ぎず、自身のアイデアを持つ必要があると感じます。

それにしても・・・

“アマチュア無線”をやるのには、それなりに敷居が高かったと思うのに。Video over RTMP、感覚が鈍くなるほど安いです。。

プロである所以はやっぱり中身、コンテンツですね。しっかりした映像を作れるように励みたいと思います。

 

  

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...