8K素材が頂けちゃうYoutube動画

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

4Kがまだまだ身近に居ない中、8Kのことをうんぬん言うのはどうかと思うのですが、2016年のリオ五輪に合わせて8K試験放送が始まるようですし、少しずつでも頭に入れとかないといけませんね。

さっそくYoutubeには8Kオリジナルを4Kにダウンコンしたものがアップロードされています。その中の一つに、うおっ!としたものがあったのでご紹介します。


なにが“うおっ!”なのかというと、概要のところにオリジナルの8Kをダウンロードどうぞ、とダウンロードURLがあるではないですか。

そして丁寧にも、“VLCで見て、うまく再生されない場合は素材のせいではなく、お使いのPCの仕様が合ってないからです”、とも書いてあります。

 

早速ダウンロードしてみました。確かに8K(7,680 x 4,320)でした。

8k

 

WMVでしたけど、VLCで上手く再生、、出来ません、、!

おっとそうでした、素材が悪いのではなく、PCが悪いのでした。では、筆者が持つPCの中で一番スペックが良いi7 3770/Intel HD Graphics 4000でどうだ!、、、う~んカクつきます、残念。

この素材は1分で123MBなので、15Mbps程のビットレートです。それでもやはり8Kという広すぎる空間を再生するにはビデオカードが必要みたいですね。

 

で8K素材、自分でも作れるかと思い、Apple Motionを立ち上げ、カスタム解像度を7,680 x 4,320のプロジェクトを作成してレンダリングすると、、一瞬でソフト落ちしてしまいます。

スミマセン、筆者のMacは2011年のMacbook Airだからですね。以前の記事でご紹介したように、4K素材まではMacbook Airでなんとか作れたのですが、8Kはやはり手強いようです。

 

感じたこと。

4Kは編集/再生ともになんとかなる、といった印象でしたが、8Kは気合が入ったハイスペックなマシンが必要です。例えHEVCの普及が追い付いたとしても、一般的に普及されてるPCで再生するのも無理でしょう。ビットレート云々じゃ無さそうです。

それでも、、、近いうちに8Kライブ配信にチャレンジしてみたいと思う次第です。

 

それにしても、、アストロデザインが6月に同社プライベートショーで発表した8K/98型モニターDM-3812、価格約3,000万円には驚きです。。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...