120台のGH4で3D撮影できる、パナソニックセンター大阪「3D PHOTO Lab.」

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

120台のLUMIX GH4が、1/1000秒で同期撮影可能な、パナソニックセンター大阪「3D PHOTO Lab.」です。

2015年7月17日、パナソニックセンター大阪に、1/1000秒で撮影可能なフォトベース3Dスキャンシステムが登場しました。被写体の周囲をぐるっと囲んで配置された120台のLUMIX GH4を1000分の1秒で同期撮影します。動作の一瞬や、髪の毛や洋服の柄、質感まで細部にわたって高精細に撮影。3Dデータを生成し、スペシャルな3D立体フィギュアを作れるサービスも開始しました。
一番の特長は、120台のカメラを1000分の1秒という短い時間で完全に同期して撮影することができる点。LUMIX GH4を120台使い、総画素数20億を超える情報を使って3次元の情報を計算しています。あらゆる方向から死角なく撮影することで、完全な3Dのモデルを作ることができます。

Panasonicニュースルーム記事より抜粋

3DPHOTOLab_01

3DPHOTOLab_02

3DPHOTOLab_03

 【「3Dプレミアムフィギュア」製作サービスの開始】
パナソニックが運営するオンラインショッピングサイト「Panasonic Store(パナソニックストア)」で、「3Dプレミアムフィギュア」をご購入いただくことができます。
パナソニックセンター大阪での撮影日時を事前にご予約・お申し込みいただき、撮影後は、約3週間で完成したフィギュアをお手元にお届けします。

▼3Dプレミアムフィギュアの購入について
https://ec-club.panasonic.jp/service/3dprint/

Panasonicニュースルーム記事より抜粋

 

3Dフィギュアの次は、3Dホログラム映像…….勝手ながらに期待してます。。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...