障害物を避けて進むIntelのドローン動画 Drones with Intel RealSense technology

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

CES2015に合わせてIntelがアップした”Intel RealSense technology”を搭載したドローン動画を紹介します。

森の中を颯爽と駆け抜ける姿、スターウォーズのスピーダーバイクシーンを思い出します。

IntelはCES2015のキーノートでもこのドローンを紹介しています。

人が近づくと離れます。フォースの力?では無く、Intel RealSense technologyによるものです。

 

このIntel RealSense technologyはカメラでとらえた物体を認識して位置情報を分析し、デバイス制御や他アプリケーションに利用するもの。さまざまな事に応用できます。

手の動きを認識して、ラジコンを動かせたり、

顔の動きに合わせてCGキャラクターを動かせたりします。

 

 

 

ただやはり森の中を颯爽と駆け抜ける撮影に使いたいですね。。

360度カメラとOculus Riftで、CGではなく、実写で体感できる日も近そうです。

 

 

 

CES2015:まめ情報

3D位置情報などをリアルタイムで取得できる小型デバイスが登場してます。

Xensor

いろいろな情報を取得できます。

  • JUMP HEIGHT
  • AIRTIME
  • JUMP DISTANCE
  • SPEED
  • ROTATIONS
  • 3D TRICK ANIMATION
  • LANDING IMPACT
  • VERTICAL FEET
  • RUNS

スポーツ中継などに使えそうです。アイデア次第で競技ものバラエティ番組などの判定マシンとしても使えそう….です。

お値段も$179.95とお求めやすい価格となっています。モーショントラッキングも身近になってます。。頑張って利用のアイデア出しをしないと、ユーザーが追いつかなくなりそうな勢いです。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...