自作マルチコプター”カッ飛び”動画あれこれ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ドローン撮影動画と言えば、雄大な自然の景色、高層ビル群、マウンテンバイクの追っかけ映像などが思い浮かびますが、今回紹介する動画は “カッ飛び” です。

動画タイトルのFunfly(ファンフライ)とはアクロバティック飛行のことのようです。

で…..どこのメーカーのマルチコプター?なんて思ってしまった筆者の考えはゲスの極みのようで、自作されています。

自作、と言えば筆者の場合パソコンでして、、PCケース、マザーボード、CPU、メモリ、HDDかSSD、グラフィックカード、電源、などを用意して組み立てます。

自作マルチコプターは、フライトコントローラー、フレームキット、モーター、などなどが別々のメーカーから販売されており、それらを自分仕様に選定して組み上げて製作します。

もともとラジコンを自作される方にとっては、マルチコプターも同様に自作でしょ、ってことになりますよね。。

 

自作マルチコプター動画、たくさんアップされてます。例えばコチラ。

冒頭でチラッと映る操縦者の方を見ると、ヘッドセット付けてます。FPV(一人称視点)無しで操縦はさすがに無理な気がします。

FPVあったとしても誰でもこんな飛行が出来るとも思いませんが、、その印象を色濃くするものが同じ方の動画でありました。(少し酔うかもなのでご注意ください)

このスピード感と浮遊感、3DCGではなく実写で撮れるようになるなんて、驚きです。

 

ただ自作はちょっと、、の方にはKickstarerプロジェクトがあります。

xCraft X PlusOne

こちらは既にFunded! されていて、WEBサイトのショップで注文を受け付けしてますが、デリバリーは今年7月となっています。

時速100km以上です。十分速いと思います。。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

You may also like...